リレンザとは吸引タイプの抗インフルエンザ薬で、ザナミビルとも呼ばれます。吸引タイプですから使用に少しコツがいりますが理解してしまえば効果は抜群です。こちらでは基本情報、正しい使い方、副作用について紹介します。

手のひらにある薬
  • ホーム
  • リレンザは子供にも使用できる?

リレンザは子供にも使用できる?

黄色のカプセル

インフルエンザに感染し、医療機関を受診するとタミフルかイナビル、リレンザが処方されます。
この3つの薬は抗インフルエンザ薬と呼ばれ、インフルエンザのウイルスを細胞内に抑え込む働きがあります。
ウイルスそのものを死滅させることはできません。
ですが、使用すると2日から3日程で、高熱や倦怠感といった症状が改善され、体調が回復してきます。
タミフルとリレンザの大きな違いは薬の形状と成分にあります。
タミフルは錠剤やドライシロップですが、リレンザは専用の吸入器と薬を利用した吸入薬です。
どちらもだいたい5日間ほど使用します。
タミフルは主に10歳未満の子供と大人、高齢者に処方されます。
一方リレンザは吸い込む事ができるようになる5歳以上の子供に処方される事が多いです。
うまく吸う事ができれば、5歳未満でも大丈夫です。
大人でも子供でも吸入する薬の量が変わらないのが1つの特徴ともなっています。
また、タミフルは十代の子供が服用した場合、飛び降りたり、奇声を発したりといった異常行動が見られることがあります。
タミフルだけが原因ではありませんが、異常行動が出にくいのはリレンザです。
そのため10代の子供にはリレンザが処方される事が多いです。
なお、リレンザは吸入薬であるため、ウイルスが付着している事が多い、喉の粘膜に直接届ける事ができます。
そのため効き目もタミフルに比べ若干早く出てきます。
また、薬に耐性があるウイルスも見つかっていないので、安心して使用する事ができます。
ただし、薬の粉が大変細かいので気管支が弱い場合は、刺激になってしまうこともあります。
医師との相談が必要ですが、気管支の薬を使用してからリレンザを使用すると刺激を感じる事が少なくなります。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索
    人気記事一覧
    • 1
      黄色のカプセル
      リレンザは子供にも使用できる? 2018年11月23日 10 Views