リレンザとは吸引タイプの抗インフルエンザ薬で、ザナミビルとも呼ばれます。吸引タイプですから使用に少しコツがいりますが理解してしまえば効果は抜群です。こちらでは基本情報、正しい使い方、副作用について紹介します。

手のひらにある薬

リレンザと併用禁止な薬

せきが出る男性

リレンザとは、抗インフルエンザ薬として開発された医薬品ですが、他の製品とは違って、吸入タイプの薬であるというところがいちばんの特徴であるといえます。
インフルエンザのウイルスというのは、基本的に呼吸を通じて外部から鼻腔や咽を経由して吸い込まれ、そのまま気道などの粘膜になっている部分にくっついて増殖するという性質をもっています。
このため、リレンザにように気道に直接薬剤が当たるような工夫をもっている医薬品であれば、より効率的にインフルエンザウイルスの増殖を阻止するというはたらきが期待できるというわけです。
このリレンザについては、副作用なども他の抗インフルエンザ薬とくらべると割と少ないとされており、併用禁忌として明確に書かれているような医薬品もありません。
ただし、リレンザが吸入タイプであるということから、併用にあたっては十分な注意をしなければならない医薬品も存在しています。
たとえば、気管支ぜんそくや、慢性閉塞性肺疾患などといった、慢性的な呼吸器の病気をかかえている人については、その治療のための吸入薬、すなわち気管支拡張剤などを併用することがあるはずです。
こうした医薬品との併用については、気道の過敏性が高まってしまうことが懸念され、海外で薬理試験をしたときの事例のなかでは、副作用が確認されたという報告も上がっています。
したがって、気管支拡張剤などを併用する場合には、抗インフルエンザ薬であるリレンザよりも前に投与するようにして、リレンザのほうを後から投与するといった、前後関係を考えての併用が必要となってきます。
また、併用によって実際に副作用が認められた場合には、すみやかに使用を中止して適切な措置をとるべきなのは、いうまでもありません。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧