リレンザとは吸引タイプの抗インフルエンザ薬で、ザナミビルとも呼ばれます。吸引タイプですから使用に少しコツがいりますが理解してしまえば効果は抜群です。こちらでは基本情報、正しい使い方、副作用について紹介します。

手のひらにある薬
  • ホーム
  • リレンザで起きる幻覚とクラビット

リレンザで起きる幻覚とクラビット

リレンザで幻覚が起きるのは幼児が多いとされているので、年齢に応じて様々なタイプの抗インフルエンザ薬が処方されています。
基本的には副作用はあまりないとされていますが、投与されている患者の数が多いことや、もともと高熱などの症状があることで、幻覚などの副作用が出やすくなっています。
抗インフルエンザ薬は、インフルエンザを治療する上で欠くことのできない薬なので、医師の判断で適切な薬が処方されています。
新しいタイプのものは、薬局で吸入するだけのものもありますが、高齢者などは吸入することができないので、基本的には飲み薬が処方されています。
飲み薬の場合は、心肺機能が低下していても服用することができるというメリットがあります。
インフルエンザの感染は咽頭部から始まるので、この部分に薬が届くとウイルスの増殖を抑えることができます。
感染した時には、喉の奥のほうが急に痛み出すのが特徴なので、喉に違和感を感じたら、医療機関を受診して、検査を受けることで初期の段階で治療を受けることができます。
症状が悪化すると細菌感染症も引き起こされるので、髄膜炎や肺炎などを併発するリスクが高まります。
とくに乳幼児や高齢者は合併症が起きるリスクが高いので、クラビットなどの抗生剤が投与されることもあります。
抗生剤はインフルエンザには効果がありませんが、合併症のリスクを下げることができるので、免疫力が低下している患者に対して処方されています。
解熱剤に関しては、薬によってはインフルエンザを悪化させる要因にもなるので、医師や薬剤師に相談をしてから服用することが大切です。
高齢者や乳幼児にはワクチンが効果的ですが、全てのインフルエンザに効果があるわけではないので感染予防をしなければなりません。