リレンザとは吸引タイプの抗インフルエンザ薬で、ザナミビルとも呼ばれます。吸引タイプですから使用に少しコツがいりますが理解してしまえば効果は抜群です。こちらでは基本情報、正しい使い方、副作用について紹介します。

手のひらにある薬
  • ホーム
  • インフルエンザ予防の手洗いとリレンザの治療法

インフルエンザ予防の手洗いとリレンザの治療法

鼻をかんでいる女性

インフルエンザは重症化しやすい感染症で、小さい子供がかかるとインフルエンザ脳症を起こすことがあります。
高齢者の場合は肺炎を併発することもあり、通常の風邪よりも注意が必要になります。

インフルエンザは1日から2日の潜伏期間を経て、症状が現れてきます。
近くに感染している人がいると感染している可能性が高く、急にだるくなり、高熱が出てきます。
急に高熱が出るので、関節や頭が痛み、日常生活を送るのが難しくなります。

インフルエンザに感染すると、一週間程度は何もできない状態になるので、感染しないことが大切です。

インフルエンザに感染しないためには、予防接種をする、手洗いを行う、マスクをする、人ごみにでない、部屋は換気を行い、湿度を保つ、ということが大切になります。
手洗いは正しく行うとウイルスを排除することができるので、丁寧に行うと良いでしょう。

インフルエンザの治療法に、抗インフルエンザウイルス薬を使用することがあげられます。
抗ンフルエンザウイルス薬にはタミフルやリレンザがあり、発症後48時間以内であれば、リレンザが良く効きます。
リレンザはウイルスを閉じ込め、インフルエンザの症状を和らげる働きがあり、通常よりも2日程度早く回復してきます。

リレンザは吸入薬なので、うまく吸わないと薬剤を体の中に取り入れることはできません。
ですが、喉の粘膜に付着したウイルスに直接働きかけることができるので、効果が早く現れます。
吸入する場合は、容器を水平に持つことが大切ですので、うまく出来ない場合は、身近な人に補助してもらうと良いでしょう。
通常5日間吸入しますが、5日待たずして体力が回復してきます。
この場合にも最後まで使用することが大切になります。